外壁塗装のゆず肌について

外壁塗装のゆず肌とは?

 

外壁塗装のゆず肌

 

外壁塗装にて、ゆず肌という言葉を聞いた事のある人もいるのではないでしょうか。

 

ゆず肌というのは、外壁の模様の事で、オレンジピール、ガン肌と呼ばれる事もあります。
ゆずの表面のような凸凹した模様のため、「ゆず肌仕上げ」と呼ばれています。

 

外壁塗装を行う際には、外観を変更する事が出来るため、模様の変更を検討する人も多くいます。
そこで「ゆず肌仕上げ」が人気を博しています。

 

ゆず肌は吹き付けで作るのが一般的

 

ゆず肌を作りたいという方は、吹き付け塗装を行うのが一般的となっています。
業者によってはローラーで仕上げる事もありますので、施工前に業者に確認をしておかなければなりません。
さざ波と呼ばれる模様がありますが、これにトップコート(上塗り材)を塗り付ける事で、ゆず肌になる場合もあります。

 

ゆず肌の失敗の原因って?

 

業者に依頼している場合には、業者側の施工ミスが原因です。
主な原因となる要因は下記が挙げられます。

 

・気温が合わない
・スプレーガンの距離が遠い
・ガンスピードが速い
・塗りこみが足りない
・微粒化の悪いスプレーガンの使用(※スプレーガンの口径が大きい)
・古い塗膜の研磨不足

 

上記のような要員がありますが、実績のある外壁塗装の業者に依頼をする事で、ゆず肌仕上げが失敗するという可能性は低いと言えます。
最近では、「外壁塗装のDIY」が流行っていますが、素人が行うと失敗してしまう可能性も高くなりますので十分に注意が必要です。

 

外壁塗装のゆず肌を成功させるためには?

 

ゆず肌仕上げを成功させるためには、信頼のおける業者に依頼するという事の他、色を気にしなければなりません。
濃い色にてゆず肌を作り出してしまうと分かりにくくなりますので、出来るだけ淡い色にて模様を付けるようにしましょう。

 

また、塗料の種類などにも気を付ける必要があります。
塗料には、ウレタンやアクリル、シリコン、フッ素など、様々な種類がありますが、塗料のグレードによっても耐久性は変わってきます。
ただし、グレードが高ければ価格も高くなりますので、業者に予算などの要望も伝えて、自分の家に合った塗料を提案してもらうようにしましょう。

あなたの見積書の価格は大丈夫?【100万円以上安くなる事例も】


見積もりを実際に取ったけど、本当に適正価格なのか分からないという方も多いと思います。
実際に相場以上に請求させる方も多く、慎重に業者を選択しなければなりません。
複数の業者と比べるだけでも、100万円以上安くなる事も珍しくありません。
1日20件近く国民生活センターに被害相談があるため、適正価格を知ることは重要と言えます。

ヌリカエの一括見積もり

【ヌリカエで適正価格診断】
  • 約10秒程で概算で適正価格を知る事が出来る
  • 資格、設立年数、年間施工数が良い業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘電話が一切ない
  • 専門アドバイザーが業者との間に入る
  • 面倒な手続きを全て代行
  • 完全無料にて利用可能
  • 急いでいる方も迅速に対応してくれる

専門アドバイザーが仲介に入って、不安・不明な点をヒアリングした上で業者を紹介するため、しつこい勧誘電話が掛かってくる事もありません。
面倒な手続きがないというのもメリットと言えます。
既にに見積り依頼をした方も、本当に適正価格なのかを知るためにも、一括見積もりの利用をオススメします。

>>簡単10秒の外壁塗装の適正価格診断はこちら。