あなたの外壁塗装の費用は適正ですか?

外壁塗装のトラブル相談

 

外壁塗装のトラブル

 

外壁塗装では非常に多くのトラブル相談が国民生活センターに寄せられています。
1日に約20件近くの被害相談があるという位多いので、外壁塗装を行う際には、十分に注意する必要があります。
当ページでは、外壁塗装のトラブルについて記載していきますので、対策なども含めて参考にしてください。

 

車の塗料飛散トラブル

 

外壁塗装を行う際には、必ず家の周りを養生シートで覆います。
これは、塗料が飛び散らないようにするためですが、それでも稀に隙間から塗料が飛散して付着したというトラブルもあります。
特に多いのが、車を駐車場に止めていたら塗料が付いたというトラブルです。

 

外壁塗装を行う前に、車にシートを被せるのか確認が必要となります。
もしも、そういった事をしないのであれば、外壁塗装の期間だけでも、車を移動した方が無難でしょう。
その他にも、足場が倒れて車のフロントガラスが割れたなどの被害もあるようです。

 

車に塗料が付着した、フロントガラスが割れたなど、業者側の過失の場合には賠償請求をする事も可能ですが、非常に面倒な手続きなども必要になります。
無駄な労力を使わないためにも、外壁塗装を行う前に対策を取っておきたい所です。

 

アパート外壁塗装のトラブル

 

アパートの外壁塗装の日数は、通常の戸建て住宅より長くなります。
おおよそ2週間から3週間程度が必要となりますが、その期間私生活に支障をきたす事も出てきます。

 

例えば、足場を組むため防犯性が薄くなる、洗濯物を干す事が出来ない、車の駐車場が使えない、臭いがきついと言った事が挙げられます
また、外壁塗装を行うために、勝手にベランダに上がられる事もありますので、女性一人暮らしの方には厳しいと思う方もいると思います。
窓も開ける事が出来ませんので、夏場などはクーラーが無いと非常に厳しい状態にもなります。

 

通常であれば、管理人・管理会社から事前に連絡がありますが、稀に連絡をしないと言った事もあります(※掲示板に掲載するだけという所がほとんどです)。
事前に連絡があれば、アパートの外壁塗装の間だけでも実家に移動するなどと言った対策を取る事は可能だと思います。
しかし、事前の連絡義務があるはずですが、事前連絡が無くトラブルになるケースがあるようです。

 

アパートの外壁塗装が始まった場合には、防犯対策など細心の注意を払うようにしましょう。

 

外壁塗装の近所トラブル

 

自分の家でトラブルがなくても、近所でのトラブルに発展するケースも珍しくはありません。
近所トラブルで多くあるトラブルは、隣の家の車に塗料が付いたというものです。
その他、車の出入りが多くなるための騒音などの苦情、塗料の臭いによる苦情なども挙げられます。

 

挨拶をするだけでも、トラブルになる確率も全く違ってきます。
必ず外壁塗装を行う際には、近隣の挨拶をしておくようにしましょう。
最近では、業者側が代理で行ってくれる所がほとんどですが、両隣、向こう3軒、裏3軒は自分でも行っておくようにしてください。

 

挨拶をする際には、下記のような事を伝えるようにしてください。

 

・施工業者の名前、住所、連絡先
・自分の名前、住所、連絡先
・工事の期間・時間
・土日の工事の有無
・外壁塗装の工事内容

 

トラブルランキング事例

 

上記で紹介したトラブルの他にも、下記のような事例もありますので、外壁塗装の際には注意してください。

 

訪問販売

 

訪問販売でよくあるのですが、大幅な割引や足場無料と言った謳い文句で営業をする業者が存在します。
大幅な割引など甘い言葉には裏があります。
そもそも外壁塗装は原価が非常に高いという事もあって、大幅な割引になるという事は考えにくいのです。
割引などで即決契約を求めてくる業者には注意してください。

 

手抜き工事

 

すぐに塗料が剥がれたというトラブルもあります。
各塗料のグレードによって耐久年数は異なりますが、本来の耐久年数よりもすぐに剥がれた場合には、手抜き工事の可能性が高いと言えます。

 

しっかりと3回塗りはされているか、下地処理(高圧洗浄、ケレン作業など)をしっかりとしているか、工期は短すぎないかなどを見ておく必要があります。

 

工期が大幅に遅れた

 

工期が大幅に遅れる事があります。
基本的には、打ち合わせの際に工程表を渡されるため、大幅に遅れるという事はありません。
しかしながら、業者によっては工程表も提出せずに、工期が遅れるという事態になる事もあります。

 

大幅に工期が遅れて、損害が出た場合には損害賠償を請求する事が出来ますが、一般住宅だと難しいと思います。
飲食店などの店舗の場合には、工期が遅れた事による損害賠償も請求しやすいと言えます。

 

必ず打ち合わせの際に、工程表を提出してもらうようにしましょう。

 

仕上がりが違う

 

仕上がりが違うというトラブルもあります。
しっかりと打ち合わせをしても、仕上がりが違うとトラブルに発展するケースも珍しくはありません。

 

特に、カラーシミュレーションをしていたとしても、外壁の面積や光の当たり具合によって、見え方が大幅に違って見えます。
そのため、打ち合わせをしたからと言って、絶対に防げるという事でもありません。

 

一番確実な方法としては、カラーシミュレーションをするというのはもちろんですが、試し塗りをしてもらう事をオススメします。
現地で試し塗りをしてもらうだけでも、このトラブルを防げる可能性は高くなります。

あなたの見積書の価格は大丈夫?【100万円以上安くなる事例も】


見積もりを実際に取ったけど、本当に適正価格なのか分からないという方も多いと思います。
実際に相場以上に請求させる方も多く、慎重に業者を選択しなければなりません。
複数の業者と比べるだけでも、100万円以上安くなる事も珍しくありません。
1日20件近く国民生活センターに被害相談があるため、適正価格を知ることは重要と言えます。

ヌリカエの一括見積もり

【ヌリカエで適正価格診断】
  • 約10秒程で概算で適正価格を知る事が出来る
  • 資格、設立年数、年間施工数が良い業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘電話が一切ない
  • 専門アドバイザーが業者との間に入る
  • 面倒な手続きを全て代行
  • 完全無料にて利用可能
  • 急いでいる方も迅速に対応してくれる

専門アドバイザーが仲介に入って、不安・不明な点をヒアリングした上で業者を紹介するため、しつこい勧誘電話が掛かってくる事もありません。
面倒な手続きがないというのもメリットと言えます。
既にに見積り依頼をした方も、本当に適正価格なのかを知るためにも、一括見積もりの利用をオススメします。

>>簡単10秒の外壁塗装の適正価格診断はこちら。