外壁塗装のボンタイルについて

外壁塗装のボンタイルについて

 

外壁塗装のボンタイル

 

外壁塗装のボンタイルという言葉を聞いた事がある方もいるのではないでしょうか。
外壁塗装のメリットのひとつとして、外観を大きく変えるという事が挙げられます。

 

外観を変更する際に、色だけではなく模様などにも変化を付ける事で、よりオリジナリティを出す事が出来ます。
その模様のひとつとして、ボンタイルという模様があります。

 

外壁塗装のボンタイルとは?

 

先ほども記載しましたが、ボンタイルは外壁塗装の模様のひとつで、タイル吹き上げ仕上げ、玉吹きとも呼ばれています。
ボコボコとした凹凸があり、ツルツルとしています。
一般住宅でも多く使われている模様なので、見た事ある方もいると思います。
ボンタイルには、吹放しや表面を押さえたものがあります。
艶なしにする事も出来ますので、外壁塗装業者に色々と要望を伝えると良いでしょう。

 

ボンタイルの作業の流れ

 

ボンタイルの作業の流れとしては、下記の通りになります。

 

1.外壁を高圧洗浄にて綺麗にする
2.下塗りをしてからスプレーガンで吹付けする
3.ローラーで凹凸を抑えて模様を付ける

 

ボンタイルの耐久性

 

ボンタイルの耐久性は、吹き付けをした後にコーティングをする際の塗料によって大きく変わってきます。
アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素などがありますが、グレードが高くなれば耐久性が高くなりますが、その分価格も比例して高くなります。

 

ボンタイル仕上げは技術のいる工法となっていますので、職人の腕によっても耐久性が左右されます。
技術のない職人が施工を行うと、トラブルになる可能性がありますので注意が必要です。

 

業者選びは重要

 

先ほども記載しましたが、ボンタイル仕上げにするにしても、外壁塗装業者の技術力によって耐久性が変わってきます。
そのため、業者選びには慎重になる必要があります。
単に安いというだけで選択すると、トラブルに巻き込まれる可能性も十分に考えられますので注意が必要です。

 

外壁塗装業者を選択する際には、3社から6社程度の業者と比較検討する事をオススメします。
業者によって、価格はもちろん、提案やサービスも違ってきますので、慎重に業者を選択するようにしましょう。

あなたの見積書の価格は大丈夫?【100万円以上安くなる事例も】


見積もりを実際に取ったけど、本当に適正価格なのか分からないという方も多いと思います。
実際に相場以上に請求させる方も多く、慎重に業者を選択しなければなりません。
複数の業者と比べるだけでも、100万円以上安くなる事も珍しくありません。
1日20件近く国民生活センターに被害相談があるため、適正価格を知ることは重要と言えます。

ヌリカエの一括見積もり

【ヌリカエで適正価格診断】
  • 約10秒程で概算で適正価格を知る事が出来る
  • 資格、設立年数、年間施工数が良い業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘電話が一切ない
  • 専門アドバイザーが業者との間に入る
  • 面倒な手続きを全て代行
  • 完全無料にて利用可能
  • 急いでいる方も迅速に対応してくれる

専門アドバイザーが仲介に入って、不安・不明な点をヒアリングした上で業者を紹介するため、しつこい勧誘電話が掛かってくる事もありません。
面倒な手続きがないというのもメリットと言えます。
既にに見積り依頼をした方も、本当に適正価格なのかを知るためにも、一括見積もりの利用をオススメします。

>>簡単10秒の外壁塗装の適正価格診断はこちら。