あなたの外壁塗装の費用は適正ですか?

外壁塗装のコーキングって何?

 

外壁塗装のコーキング

 

外壁塗装のコーキングというのは、外壁のパネルとパネルの間にあるゴム状の目地の事です。
シーリングとも言われており、気密性や防水性のために行います。

 

外壁塗装を行う際には、下地処理としてコーキングの打ち直し・打ち替えを行いますが、非常に重要な工程となっています。
太陽光の紫外線などで日々劣化していく物で、そのままにしておくと雨水の侵入などが発生します。
つまり、家自体の耐久性にも影響が出てきますので、外壁塗装を行う際には、コーキングの打ち替えなどは行っておく事をオススメします。

 

打ち替え?打ち増し?

 

コーキングの修繕を行う場合、打ち替えと打ち増しの2種類があります。
全てを撤去して新しいコーキング充填する「打ち替え」、既存の上から新しいコーキングを足す「打ち増し」があるわけですが、打ち替えをオススメしています。

 

コーキング・シーリングの費用・相場は?

 

打ち替え:1u当たり900円〜1,200円
打ち増し:1u当たり500円〜700円

 

確かに「打ち替え」の方が高く付きますが、耐久面の事を考えると、打ち替えを行った方がコストパフォーマンスは良くなります。
足場などをせっかく組む事になりますので、ついでに行うとなった場合には、打ち替えをオススメします。

 

コーキング材の種類は?

 

コーキング材には種類があります。
多くの業者は、ウレタン系か変性シリコン系を推していますが、それぞれに特徴があります。

 

種類 メリット デメリット
変性シリコン 紫外線に強い 塗装との密着性が悪い
ウレタン 塗装との密着性が良い 紫外線に弱い

 

それぞれにメリット、デメリットがあり、相反する特徴となっています。
新築のシールがむき出しの場合には「変性シリコン」、シールの上から塗装をする塗り替えは「ウレタン」がオススメです。
状況によっても異なりますので、施工業者が最適な選択を提案してくれると思います。

 

コーキングの寿命・時期は?

 

コーキングの寿命は、一般的には10年と言われています。
そのため、打ち直しをするのは、外壁塗装の10年に1度のタイミングと同じで問題ありません。
また、外壁塗装を行う際には、足場などを組むため、一緒に工事を行う事で割安にもなります。

 

家の状況によっても寿命などは異なりますので、心配な方は家の診断をしてもらうのも良いでしょう。
外壁塗装業者で無料診断を行っている所も多くあります。
価格などに関しては、業者によっても大きく変わってきますので、複数の業者と比べる事をオススメします。

あなたの見積書の価格は大丈夫?【100万円以上安くなる事例も】


見積もりを実際に取ったけど、本当に適正価格なのか分からないという方も多いと思います。
実際に相場以上に請求させる方も多く、慎重に業者を選択しなければなりません。
複数の業者と比べるだけでも、100万円以上安くなる事も珍しくありません。
1日20件近く国民生活センターに被害相談があるため、適正価格を知ることは重要と言えます。

ヌリカエの一括見積もり

【ヌリカエで適正価格診断】
  • 約10秒程で概算で適正価格を知る事が出来る
  • 資格、設立年数、年間施工数が良い業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘電話が一切ない
  • 専門アドバイザーが業者との間に入る
  • 面倒な手続きを全て代行
  • 完全無料にて利用可能
  • 急いでいる方も迅速に対応してくれる

専門アドバイザーが仲介に入って、不安・不明な点をヒアリングした上で業者を紹介するため、しつこい勧誘電話が掛かってくる事もありません。
面倒な手続きがないというのもメリットと言えます。
既にに見積り依頼をした方も、本当に適正価格なのかを知るためにも、一括見積もりの利用をオススメします。

>>簡単10秒の外壁塗装の適正価格診断はこちら。