外壁塗装の流れは?

外壁塗装の流れを知ろう


外壁塗装の流れ


外壁塗装は普段から頻繁に行うわけではありませんので、流れなど分からない事も多いと思います。
どんな工事をするのかを把握する事で、計画を組み立てやすい、手抜き工事などを防止する事が出来るメリットがあります。
トラブルも多い業界だけあって、基本的な事を知っておく事は重要です。
当ページで、外壁塗装の流れを把握してもらえたらと思います。

外壁塗装の流れ


外壁塗装の流れは下記の通りです。
業者によっても多少異なる部分もありまので、十分に注意をするようにしましょう。

相談・見積もり依頼


まずは気になる業者に、相談、見積もり依頼をする必要があります。
見積もりに関しては、家の調査をしっかりと行い、その家に合った見積もりを作成します。
家の調査、相談、見積もりなどは、基本的にはどの業者も無料となっています(※家の調査を有料で行っている所も稀にあります)。

プラン提案・契約


プラン作成・シミュレーション・見積書などを提出してもらい、打ち合わせの際に丁寧に説明をしてもらえます。
このプランや見積書に納得をすると契約をする事となります。
契約をする前に分からない事は聞いておくようにしましょう。
「言った・言わない」のトラブルも非常に多い業界なので、書面での確認も必須と言えます。

近隣への挨拶


施工の前には、必ず近隣への挨拶を行います。
騒音、臭い、車や人の出入りなどが多くなるため、近隣に迷惑がかかる事は当然です。
そのため、近隣への挨拶は必須とも言えます。
この挨拶では粗品を持って行くのは当然ですが、工事工程の説明、塗料飛散防止、臭気の事などについて近隣の人に話をします。
施工業者が代行して行ってもらえますが、自分でも行っておくのが無難と言えるでしょう。

工事開始


足場の設置・養生


まずは外壁を綺麗に塗るために、足場の設置を行います。
その後に、他の家などに塗料が飛び散らないように、養生シートにて家を覆います。

高圧洗浄


高圧洗浄にて外壁を綺麗にします。
外壁に汚れがあると、塗料の密着度が悪くなり、耐久性に影響が発生します。
そのため、高圧洗浄は必須とも言えます。
より外壁を綺麗にするために、業者によっては「バイオ洗浄」を行っている場合があります。
足場を設置してから高圧洗浄、養生という流れの場合もありますので、頭の中に入れておくようにしましょう。

下地処理


外壁を綺麗にした後は、ひび割れや剥がれなどの処理を行います。
補修をしっかりと行わなければ、単に塗装をしただけでは、耐久性に問題が生じる可能性があります。
この下地処理も非常に重要な項目と言えます。

軒天塗装


軒天部分の塗装を行います。
外壁と同じで、下塗り・中塗り・上塗りの3度塗りが基本です。

外壁塗装


下塗り、中塗り、上塗り・仕上げ塗りの3度塗りが行われます。
2度塗りという業者が稀にありますが、基本的には3度塗りしなければ耐久性に問題が生じる場合がありますので、3度塗りは基本と覚えてください。
4度塗り・5度塗りとする業者もありますが、耐久性に関しては良くなるのですが、コスト面で高くなる可能性がありますので、複数の業者の見積書と比べると分かりやすいと思います。

屋根塗装


屋根塗装も下塗り、中塗り、上塗りの3度塗りで行います。
そのため、3度より下回る回数の場合には、理由をしっかりと聞いておくようにしましょう。

その他の塗装


雨どいや戸袋、雨戸など、外壁や屋根以外の塗装がある場合には、最後にその部分の塗装を行います。

足場・養生解体・清掃


作業が終了した後は、施主立会いにて最終確認をします。
確認が終了した後は、足場・養生の解体をして作業終了となります。
もちろん、全ての作業が完了した後には、近隣への挨拶を忘れずに行っておくようにしましょう。

トラブル防止のポイント


一番トラブルに陥りやすいのは、3度塗りを行っているかどうかです。
優良な業者であれば、下塗り・中塗り・上塗りと3工程にて色分けをして、ミスの出ないようにしています。
打ち合わせの際に、3度塗りの色分けを行っているかどうかというのは確認をしておくようにしましょう。

まとめ


外壁塗装の流れはおおまかに上記で説明した通りになります。
一般住宅であれば、10日間から2週間程度で作業が完了します。
雨の日は作業が出来ませんので、天候によっても変わってきますので、十分に注意をするようにしましょう。

作業日程表などは業者から渡されると思いますが、そちらを参考に近隣の方などにも知らせるようにしてください。
あまりにも日数が短い場合などは注意が必要となります。
塗り残し、手抜き工事になっている場合もありますので、作業日数はある程度かかると覚えておきましょう。

あなたの見積書の価格は大丈夫?【100万円以上安くなる事例も】


見積もりを実際に取ったけど、本当に適正価格なのか分からないという方も多いと思います。
実際に相場以上に請求させる方も多く、慎重に業者を選択しなければなりません。
複数の業者と比べるだけでも、100万円以上安くなる事も珍しくありません。
1日20件近く国民生活センターに被害相談があるため、適正価格を知ることは重要と言えます。

ヌリカエの一括見積もり

【ヌリカエで適正価格診断】
  • 約10秒程で概算で適正価格を知る事が出来る
  • 資格、設立年数、年間施工数が良い業者のみを厳選
  • しつこい営業・勧誘電話が一切ない
  • 専門アドバイザーが業者との間に入る
  • 面倒な手続きを全て代行
  • 完全無料にて利用可能
  • 急いでいる方も迅速に対応してくれる

専門アドバイザーが仲介に入って、不安・不明な点をヒアリングした上で業者を紹介するため、しつこい勧誘電話が掛かってくる事もありません。
面倒な手続きがないというのもメリットと言えます。
既にに見積り依頼をした方も、本当に適正価格なのかを知るためにも、一括見積もりの利用をオススメします。

>>簡単10秒の外壁塗装の適正価格診断はこちら。